手挽き工程 お六両歯

板削り

鉋で櫛木板を必要な寸法に削ります

A板削り2

荒削り

A板削り3

仕上げ削り 歯型でスジ付け

B歯挽き1

歯挽き鋸で櫛歯挽き

B歯挽き2

歯挽き鋸だけでは 櫛歯の根元までは挽ききれません

C歯通し1

砥草や紙鑢を貼った道具で櫛歯をひたすら擦る

C歯通し2

歯通しで髪通りが良くなるように擦り上げます

D中抜き・山抜き1

山抜き鋸で櫛歯を根元まで挽き揃えます

D中抜き・山抜き2

スジ付けの位置まで挽き揃える

E耳突き・耳丸め1

鉋刃で櫛歯の両端をカット

E耳突き・耳丸め2

豆鉋で綺麗なRに削り揃える

E耳突き・耳丸め3

耳突き・耳丸めにより綺麗な端処理

F磨き

紙鑢/ベルトサンダーサンディング #100,220,320,600

G艶上げ

バフ研磨して艶上げ 過去には貝殻や鹿の骨も用いた

H磨き艶上げ

仕上がり もう一手間の仕上げ歯通しもこの段階で行います